広瀬研究室


1。研究室構成員

4年生
新垣匠		杉谷卓也
本陽介		柳沢寿
中野健太郎	佐野順平
米田祐三	小泉亮輔

M1
橋英明		藤野日出海
山口誠人	岡田竜児
久津将則	新保忠正
武田健		陸恵星(留学生)
坂口純		加藤丈司
岩井宗一	濱上拓三
奥猛文

M2
井手圭一	林潤
今枝大門	比良光善
上田哲朗	藤原智人
江原崇		宮野武晴
小楠幹宏	矢沢和路
小酒秀一	渡瀬幸夫
西野敬生

D1
川崎巳喜男(社会人)
松井宏純(社会人)
安井治之(社会人)
丹治明(社会人)

D2
池田直樹
何菊雲(留学生)
鷹合滋樹

D3
高橋茂信
川岸雄一
森俊也(社会人)
増田秀夫(社会人)
斎藤徹
鈴木拓雄

研究室所属の院生でH10年度に就職した者の氏名(学年),就職先.

池田昌志(M2)テイジン
田崎将一(M2)デジタルテクノロジー(株)
三谷知行(M2)立山アルミ
江尻正一(D3)	富山大学工学部(ポストドク)
後藤時政(D3)	愛知工業大学工学部(ポストドク)

2.研究業績 2・1 学術論文 (1) 1998,4 Fe-Cr鋼/TiN系焼結複合材料の変形挙動及び弾性係数に及ぼす気孔の影響(Eshelby/Taya-Chouモデルによる考察)   日本機械学会論文集,日本機械学会,Vol.64, No.4, (A編), pp.1014-1022   佐々木俊彦,林 政,広瀬幸雄 (2) 1998,4 イメージングプレートを用いた極点図作成方法の提案 日本機械学会論文集,日本機械学会, Vol.64, No.4, (A編), pp.1120-1127 後藤時政,佐々木敏彦,広瀬幸雄,長嶋晋一 (3) 1998,5 ダイヤモンド被膜WC-Co超鋼合金の疲労強度特性に及ぼす微視組織の影響 日本機械学会論文集,日本機械学会,Vol.64, No.5, (A編), pp.1236-1243 大塚昌明,松岡秀明,広瀬幸雄,石井仁 (4) 1998,6 Double Holes Drilling法による異方性材料の残留応力の測定理論 日本機械学会論文集,日本機械学会,Vol.64, No.6, (A編), pp.1702-1710 川岸雄一,平嶋健一,広瀬幸雄,千野嘉英 (5) 1998,7 Origin of the F-aggregate Centers in BaFX(X=Cl,Br)single Crystals Jpn.J.Appl.Phys. Vol. 37 (1998) PP. L1 Toshio KUROBORI, Shuichi KOZAKE, Yukio HIROSE, Karnati SOMAIAH, Katsuyuki INABE, Masato OHMI, Masamitsu HARUNA (6) 1998,8 Influence of Microstructure on Fatigue Crack Growth Characteristics of WC-Co Cemented Carbides 韓国機械学会論文集,韓国機械学会,Vol.22, No.8, (A編), pp.1401-1408 Myung-Hwan Boo, Young-Chul Park and Yukio Hirose (7) 1998,8 Influence of Co amount on Fatigue Crack Growth Characteristics of WC-Co Cemented Carbides 韓国機械学会論文集,韓国機械学会,Vol.22, No.8, (A編), pp.1409-1417 Myung-Hwan Boo, Young-Chul Park and Yukio Hirose (8) 1998,9 ダイヤモンド被覆WC-Co超硬合金の疲労強度特性に及ぼす膜厚の影響 日本機械学会論文集,日本機械学会,Vol.64, No.9, (A編), pp. 2326-2332 大塚昌明,松岡秀明,広瀬幸雄 (9) 1998,11 TiAl金属間化合物のX線応力測定における粗大結晶粒対策及び加工表面への適用 限界 材料,日本材料学会,Vol.47, No.11, PP.1170-1177 後藤時政,佐々木敏彦,丸山公一,広瀬幸雄 (10) 1999,1 Molecular Dynamics Studies of Vacancy Migration in BaFCl Phys. stat. sol. (b) 212, R5 (1999), pp.5-6. T. KUROBORI, M. YOSHIURA, Y. HIROSE, M. TAKEUCHI (11) 1999,1 面内荷重下における楕円形空孔または剛体介在物を有する異方性圧電弾性材料に対する解析解とその数値計算例 日本機械学会論文集,日本機械学会, Vol.65, No.1, (A編), pp. 2326-2332 鈴木拓雄,木村清和,平島健一,広瀬幸雄 (12) 1999,2 Determination of the Optical Constans of the photostimulable BaFCl:Eu2+ and KCl:Eu2+ Crystals Jpn.J.Appl.Phys. Vol. 38 (1999) PP. 901-904 Toshio KUROBORI, Shuichi KOZAKE, Yukio HIROSE, Masato OHMI, Masamitsu HARUNA, Taku KIMURA, Katsuyuki INABE and Karnati SOMAIAH 2・2 その他 国際学会発表 (1) 1998,6 The X-Ray Study on Diamond Film ISOPE-98, TPC H. Hirose, H. Matsuoka, T. Sasaki, Y. Hirose (2) 1998,6 Initiation of Slip Line under Tensile Stress on Pure Copper ISOPE-98, TPC T. Saitoh, M. Kurose, M. Tsuda, H. Matsuoka, Y. Hirose (3) 1998,6 Studies on Effects of Shot Peening on Fatigue Strength of Stainless Steel ISOPE-98, TPC S. Takahashi, M. Hashimoto, Y. Hirose (4) 1998,8 Residual Stress Measurement of Diamonndo Thin Film 47th Anunual Denver X-ray Conference H.Hirose, T.Sasaki (5) 1998,8 A study of Fatigue Fracture Mechanism with Shot-peened Material 47th Anunual Denver X-ray Conference S. Takahashi, Y. Hirose, M. Hashimoto (6) 1998,8 X-ray Fractographic Study of Sintered Fe-Cr Steel/TiN System Composite Materials 47th Anunual Denver X-ray Conference S. Takago, T. Sasaki, Y. Hirose (7) 1998,8 Proposal of Method to Make Pole Figure Using Imageing Plate 47th Anunual Denver X-ray Conference, pp.86 T. Goto, T. Sasaki, Y. Hirose 2・3 科学研究費補助 (1) 二次元的X線検出器を利用した新しい迅速残留応力測定に関する研究    平成10年度科学研究費補助[基盤研究(C)(2)](課題番号:08650099) 3.学生指導 3・1 博士課程(博士論文) (1)  「鉄系焼結材料の工業的利用及びX線材料強度評価に関する研究」 宮野正晴 (2)  「X線回折法を用いた集合組織材料の応力測定法に関する研究」 江尻正一 (3) 「二次元的検出器イメージングプレートを用いた粗大結晶粒または集合組織を有する    材料のX線測定法開発に関する基礎的研究」 後藤時政 3・2 修士課程(修士論文) (1) 「二相ステンレスを用いた集合組織の解析及び疲労初期における材料評価」     池田昌志 (2)  「X線による残留応力解析に関する研究」 田崎将一 (3) 「TiAl/Ti3Alラメラ粒の弾性挙動に関する結晶学的研究」 三谷知行

目次に戻る
http://cmpsci.s.kanazawa-u.ac.jp/~actrep/97/act.hirose.html
Last modified on July 22, 1998.